FC2ブログ
【福井の地酒 舞美人】の最新イベントスケジュールを中心に、蔵人・女将として珍闘中の嫁のブログです。
プロフィール

若女将くみちゃん

Author:若女将くみちゃん
FC2ブログへようこそ!
舞美人醸造元の蔵人・女将です。
3児の母。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ようこそ舞美人へ

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
舞美人の酒造り、今日は又一本、本仕込みにはいりました~
ちょっとほっとしてます^^;

まず、酒米を蒸します
RIMG0147.jpg



蒸しあがったら、麻布に広げて冷まします。
RIMG0214.jpg


仕込み蔵にある大きなタンクの中に
冷めた蒸し米をかつぎ、はしごに登って中にいれます。
RIMG0215.jpg



そして、櫂をいれてかき混ぜます。
RIMG0217.jpg


結構力を使います^^;


でも、この暖かさなんとかならないかな~
温度設備などないので、仕込みは自然の力が頼り。
そのため、寒仕込みにこだわっているのですが
今年は、雪も降らないどころか暖かい!


主婦としては嬉しいのですが・・・
蔵元は杜氏として困っています^^;



舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子
スポンサーサイト



舞美人の酒造り、今日は出麹です。
文字どうり、出来上がった麹を室(むろ)から出すのです。

麹は室に入れてから約48時間で出来上がります。
この間、蔵元・杜氏は気を抜けません。
夜中も作業があるのです。

ふたと呼ばれる箱の中に出来上がった麹が入れてあります。
RIMG0210.jpg




それを、とりだし麻布にまとめます。
RIMG0212.jpg



室からだし、麹を冷やすためにきれいに広げます。
RIMG0209.jpg




私もやってみました(^^)
RIMG0207.jpg

蔵元:早く広げないとだめだぞ!

私:はーい!



出来上がった麹は、ほかほかとあったかくて
焼き栗の匂いがするんですよ。(^^)
お米なのに、不思議ですね。
RIMG0213.jpg



なんとか、今のところ順調のようです。
明日も、がんばろー(^o^)/


舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子
舞美人のお酒造り、今日も順調です。
蔵元の腰も何とかもってます(^^)
落ち着いたら病院にいくつもりですが、
今は、時間がとれないので我慢・我慢です。

最近の酒造りは、前日の夜お米を洗っておきます。

午前中、そのお米を和釜で蒸します。RIMG0147.jpg


蒸したお米を、広げてRIMG0158.jpg


室(室)に入れて、麹を造ります。RIMG0167.jpg


午後から、使った道具の後始末と、
酛(もと)の櫂(かい)をいれたりしてお世話します。RIMG0171.jpg



毎日、毎日、休まずこれの繰り返しです。


蔵元が造っているお酒それぞれに、
自分の子供の名前をつけているのを知った時、「え~」と思った私ですが
今ではその気持ち分かります^^;

蔵の中で、毎日毎日本当の子供のように手をかけ、声をかけ。
お酒もなんだか、それに答えてくれているような・・・不思議な感じです。

実際に蔵人になると気がつくこと、たくさんあります。
大変なことも多いのですが、楽しくなってきました♪
本当に、造りに参加してよかったと思う今日この頃です(^^)


舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子
舞美人の酒造り、最大のピンチか!
杜氏も兼ねている蔵元は、もともとヘルニアです。
それが、連日の酒造りでとうとう悪化してしまいました・・・(T_T)

動作が急に鈍くなり、動きもスローに・・
なんだか「能」を見ているような感じ。
立ち上がったり、座る時に「イテテテ・・」

このところ、夜中までの作業が続いています。
前兆はあったのですが、休むわけにもいかずとうとう。



シップとコルセットをはめて何とか今日の仕事は終えました。
よかった^^;

コルセットをつけている姿を子供に見せて

蔵元:チャンピオンベルトだぞ。

子供たち:・・・・

そんなことを言っている場合ではないのでは、と思いながらちょっと笑ってしまいました。


男性は、蔵元一人。
後は、大女将と私の3人の酒造り。
力仕事が多いので思った以上に、蔵元に負担がかかっているのですね。

いつもは半人前の私ですが、今回は役に立ったようです、よかった(^^)
まだまだこれからが勝負の酒造り。
がんばらなくっちゃ☆


舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子




舞美人の酒造り
今日は、麹造りを蔵元・大女将・私でしました。

麹の量が多いので、3人でやってもなかなか終わりません。

室温35度の中での作業は、
真夏でもほとんど汗を流さない私でも、ぽたぽたとおちました。
換気ができないので、暑さと麹の匂いとで酸欠気味に・・・
終わったときは、ほっとしました(^^)


蔵元の作業と
RIMG0201.jpg



私の作業。
RIMG0202.jpg
同じ作業なのに、やっぱり私のはぎこちないですね(^^)



RIMG0205.jpg
積みあがった麹を見ると、なんとも言えない充実感と感動があります。


手をかければかけるほど、お酒に愛情がわいてきます(^^)
おいしい舞美人になりますように!



舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子
今日から、本仕込みになりました!

そのため、蒸し米の量が多い!
蒸しあがったお米を、温度を下げるため麻布に全部広げ
RIMG0159.jpg


それから、そのお米を蔵元と2人で全部タンクに運ぶんです!
何度も何度も行ったり来たり・・・

タンクの中に入れなくてはいけないので
お米を持ってはしごを登り・・・怖いし、重いし(>_<)


蔵元にも、「うるさい」と言われるほど
ふぅーふぅー言いながら運びました。
完全に運動不足です(T_T)


でもでも、ほんとに重いんです!
蔵人1年目、まだまだです・・・。



舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子
今日の舞美人の酒造りは、お米を蒸しました。
蒸しあがったお米を、タンクまで蔵元と麻布に入れて運ぶのですが

蔵元:急いでタンクにいれないとだめだ、温度が下がってしまう!

私:じゃあ、はしらなくっちゃ!

思い酒米を持って、がんばって走る私。

蔵元:お前がはしるのと、僕が歩くのと同じスピードだな(笑)

私:なんですってぇ~

蔵の中では、蔵元の言うことには逆らえません・・・(^^)


昨日、お客様がおいでになりました。

RIMG0198.jpg
京都の日本酒バーのオーナーとして有名な、朝倉さんです。

お付き合いさせていただくようになってから、随分たつのですが
本当に素敵な方です(^^)

いつもいろいろ教えていただいています。
朝倉さんのように日本酒を楽しめたら、どんなに毎日が楽しいだろうと思います。



朝倉さん:お酒は、うんちくも大切だけど
     自分がおいしいと思うお酒が一番だよね。


とおっしゃっていました。意味が深いです~
本当にそうですね!


いろいろ舞美人のお酒を飲んでいただいたのですが

20070119144609.jpg
一番、このお酒をほめていただきました(^^)

福井県オリジナルのうらら酵母を使用し、福井県産の五百万石と蔵内にある水とで、麹から手造りしている「舞美人 純米吟醸」です。
もちろん、こだわりの木ぶねしぼり(^^)

実は、最近日本酒のプロの方にとても評判がいいんです。
甘口で、やや酸が多いのですが、繊細な優しい味がします。
女性の方にも、おすすめです(^^)



舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子



舞美人のお酒、今日の主な造りは出麹です。
一番緊張します(^^)


土曜日、お酒の搾り機である木ぶねを外にだしました!
蔵の中にある木ぶねを、外に出しています!
RIMG0178.jpg


地酒倶楽部のリーダー大木さんと、いつもお世話になっている岡本さんが、お手伝いに来てくださいました!!
いつもありがとうございます、感謝感激です(T_T)


とてもよく晴れて、1月中旬とは思えない暖かさ。
絶好の日和でした。




RIMG0182.jpg

大人3人でも重くいのですが、何とか外に出ました!



木ぶねの下に丸太が入っているので、それを入れ替えながら、動かします。RIMG0188.jpg

舵取りは、てこの原理を利用して丸太で方向を調整し、写真では固定のため木片を下にいれています(^^)



RIMG0191.jpg
そして、木ぶねをしめるため中に熱湯を入れ洗浄します。
いい湯気ですね~

これを見て大木さんが一言
 大木さん:ここでお風呂に入りたいね~

 私:えっ・・・ここで?


木でできているので、乾燥した状態で使用すると木の隙間からお酒が漏れてしますので、お湯をはり雨や雪にさらされることによって木が膨張し、お酒が漏れなくなるのです。

ふぅ~んです。
ここに来て得た知識です(^^)


本当に無事に出せてよかった!
大木さん、岡本さんありがとうございます!


舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川久美子



舞美人のお酒は、元気に育ってます!

今日は、明日からの麹造りの準備日です。
お客様をお迎えしての、造りになります。
楽しみー(^^)

皆さんと木ぶねを外に出す作業もします。

普段は蔵の中に入っているのですが
造りの前は、外に出します。
これが、めちゃめちゃ重いんです!!

思い出しただけでも腰が痛い・・・・

大人3人で何とか出すんです。


DSC01729.jpg
去年外に出した時の写真です。


きれいに洗って、水を中にためて木をしめます。
そうしないとないと、お酒を入れたとき
横から漏れます。


なのでやらねば!なのです。


下に車輪などあるはずもなく
丸太をいれて、ころころ転がすんですよ・・・すごいでしょ!?


方向を転換させる時も、丸太をてこに使います。
こんな光景、歴史の教科書でみたような・・・^^;


明日晴れますよーに!!


舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子
今日は、舞美人のお酒の在庫チェックと整理をしました。
そのために、朝から試飲・・・
お酒は弱いので、なんだかほろ酔い(^^)


今日は、うれしいニュースを。
 
舞美人のお酒がスイーツになったんです!
しかも、京都ブライトンホテルのメニューになりました!

期間限定「福井 越前・若狭メニュー」のデザートになったんです(^^)
http://www.brightonhotels.co.jp/kyoto/restaurant/plan/2007_01/wakasa/index.html?F=RT


飲酒用としてではなく、アイスクリームなんですよ!
聞いたときは、びっくりしました。
いったいどんな味がするんだろう・・・

2月の28日までなので、造りの都合をみて行ってきます(^^)

ネットで予約すると10%OFFです~♪

ホテルでで食事するのってほんと何年振りかなー?
今から、すっごく楽しみです。



舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子






舞美人のお酒の酛(もと)に櫂(かい)入れをしました!

お水と蒸し米と麹米と酵母がタンクに入った
酛と呼ばれる中に
櫂と呼ばれる棒を入れて、中を混ぜました。
初体験です!

RIMG0171.jpg
なんだかすごく危なげで、見ていて笑えます(^^)
初めてというのが、すぐ分かりますね。


蔵元:櫂をがんがんタンクに当てるな!
   米がつぶれる!

私:・・・・・


蔵元:ばしゃばしゃすると、飛び散る!


私:・・・・だって、初めてじゃん・・・・


いつもは、私に怒られがちな蔵元も、この時ばかりは
立場逆転。

くやしーけど、見ていると簡単そうな作業でも
結構むずかしいんです!言い訳ですが・・・


でもでも、めげずに舞美人のおいしいお酒を造るため
がんばりまーす!


舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子

室(むろ)と呼ばれる、麹米を造る部屋で仕事をしました(^^)

そこは、ハワイのような暖かさ。
お正月、どこも行かなかったかわりに・・・なんて。

お酒造りは蔵の中とはいえ、暖房はないので寒いです。
室は人一倍寒がりの私が、唯一落ち着ける場所です(^^)

RIMG0167.jpg
舞美人の蔵元・杜氏の主人が、麹菌をふっているところです。

 
蔵元が、一年で一番真剣に引き締まった顔をしてます。

最近太ったこともあって、普段はぽよっとしてますが(笑)
この日ばかりは違います!


この菌のふり方によって、麹米の出来が変わってくるので
この作業中はなるべく息をしないようにしてます。

RIMG0170.jpg
麹菌が雪のようにちらちらと落ちてきます。その様子を蔵元がチェックしているのですが、
見えますでしょうか?
手前にある白いものは、酒米です。

ちょっと神秘的な感じです。


あす麹米として出来上がります。
うまくいったかどうか、どきどきです・・・



舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子


無事酒米が蒸しあがりました(^^)

RIMG0158.jpg
蒸しあがった酒米を広げているところです。


いい感じで蒸せたようで、ほっとしてます(>_<)
いかによく蒸しあがるかを
蔵元・杜氏である主人は思考錯誤・・・・
結果、大満足のようです!よかった~


午後から、この酒米に麹菌をふります。
これも緊張の重要な作業、どきどきです。
そして今日から夜中も作業が入るため
蔵に泊り込みです。(私は子供がまだ小さいので、蔵元だけですが。)



おいしい舞美人のお酒を造るため
少しずつ前進中です(^^)



舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子
10時35分に、酒米が蒸しあがります!

それからいよいよ麹造りです。
酒造りで最も重要な麹造り・・・・

がんばってきます!!!


舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子
今日の造りは、すこし落ち着いてます。
今週末の麹造りの準備といったところでしょうか。

ので今日は蔵元の大好きな酒の肴を・・・

20070101191539.jpg
ホルモン鍋なんです!
お豆腐と白菜を入れてみました。


このホルモン、本当においしくて
実は、北海道からお取り寄せしてるんです(^^)


北海道産豚専門店 焼肉・ホルモン 丸亀さんの
ホルモンなんです!!
       http://marukame.ocnk.net

本当においしい!!
お正月に実家でみんなで食べたのですが
みんな大喜びでした♪

なにがおいしいかというと、やっぱり新鮮なホルモンですね!
 
鉄板焼きのホルモンもあるのですが
こちらも蔵元大好きです!たれも最高!!


この日は、常温の舞美人 純米酒と一緒に食べたのですが
いつもよりおいしかったです☆

やっぱり、おいしい料理においしいお酒があれば
幸せですね~


何だか又食べたくなってきました(^^)


舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子





お酒だって冬は、寒いんです(笑)

「暖気(だき)」と呼ばれる、大きな湯たんぽのようなものがあって
中に、お湯を入れます。

RIMG0151.jpg
蔵元が暖気にお湯を入れています。

それを、蒸した酒米と麹米と水と乳酸を入れたタンクの中
(この状態を、「酛(もと)」と言います)に入れます。

決して寒いわけではなく、日本酒造りに重要な温度調節のためです(笑)

温度管理は、本当に大切で
1日に何度も計り、それを見ながら調整していきます。
ここが味に大きく影響しくるので、とても神経を使います。
おいしい舞美人のお酒ができますようにと思いを込めながら。


最新の温度管理ができる設備など無いので
蔵元・杜氏の腕のみせどころです(^^)


そんな蔵元も風邪気味なので
晩酌していても「酒の味が分からない・・」
とぼやいていました。

今年は、年明けから
1歳の娘のあわや入院か(しなくてもよかったのでほっとしました)ということもあり、
続けて私も風邪でダウン。
そのあと5歳の息子もダウン・・・・

そしてとうとう蔵元が・・

風邪にはご注意を!


舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子




RIMG0148.jpg
蔵の煙突から煙です~


酒米を和釜で蒸している時に出る煙は
蔵の屋根から外に出ます。

自宅から撮った写真なのですが
これを蔵元は、「のろしが上がる」といいます(^^)

我が家の子供たちは、
ここからサンタさんが入ってきていると信じています(^^)



舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子
RIMG0147.jpg
和釜から豪快に湯気が出ます!


いよいよ始まりましたぁぁぁ、酒造り!
酒米の、初蒸しをしました。

和釜で酒米を蒸すのですが
この和釜、簡単に言えばご飯を炊くお釜の
巨大版です。

釜は地面に埋もれていて
バーナーで火をおこしています。

この方法を使っている蔵元さんは
今では少ないようで
ご覧になった方は、皆さん驚きます(^^)
ちなみに私も、驚きました(笑)

でも、この和釜で蒸している時の
匂いや雰囲気が大好きだし
蒸しあがりもいいように思います。

大事な大事な道具です。



年末から、造りに向けて蔵の中の掃除や消毒などをし
それに向けて、蔵元や家族の緊張も高まり・・
その時、蔵元の機嫌が緊張からか
一年で一番機嫌が悪いんです(>_<)

酒造りに入ると、大変なのですが
緊張から開放されてほってします。
やるぞ!という感じでしょうか。
別の気合が入ります(^^)

まだ始まったばかりですが
おいしいお酒を造れるようがんばります!


舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子






RIMG0145.jpg
和釜から湯気がのぼります。


いよいよ酒造りがはじまります!

昨日は、酒造りに使う道具を
消毒しました。

自慢の大きな和釜にお湯を沸かし
それで熱湯消毒します。

それを見た5歳の息子は
「お風呂みた~い」
と喜んでました(笑)

今から、この和釜で酒米の初蒸しです。
蔵中にいい匂いがするんですよ(^^)


では、いってきま~す!


舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子

// ホーム //