FC2ブログ
【福井の地酒 舞美人】の最新イベントスケジュールを中心に、蔵人・女将として珍闘中の嫁のブログです。
プロフィール

若女将くみちゃん

Author:若女将くみちゃん
FC2ブログへようこそ!
舞美人醸造元の蔵人・女将です。
3児の母。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ようこそ舞美人へ

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
酒造りの合間をぬって、
行って来ました京都ブライトンホテル!蔵元が・・・

今日までの限定メニュー、
「舞美人アイスクリーム」食べてきました!蔵元が・・・

RIMG0358.jpg
右上のグラスに入っているのが、舞美人の純米大吟醸で作ったアイスクリーム。
「美味しかったー」と蔵元が言ってました。

私は、まだ子供が小さいのでお留守番でした・・・。

でも、
「香りもよかったし、口どけもよかった」と聞き
食べた気分で、大満足(^^)

タッパにいれて、持って帰ってきてもらおうと思っていたのですが
蔵元に、「溶けるだろー」と言われ
納得・・(T_T)

京都で、福井の食材を食べて
新しい発見があったようで、特にかにを使ったお料理が
美味しかったとか。


今日までの限定メニューです!
お近くの方は、ぜひ!


舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子
スポンサーサイト



木ぶねでお酒を搾るためには
ふね直しを必ずしなくてはいけません。

RIMG0344.jpg
酒袋を積み上げておくと、袋の重みでお酒がでてきます。
これが舞美人の「あらばしり」なのですが、すぐにでなくなります。
そこでふたをのせ、木片をのせ、上から圧力をかけるとまたお酒がでてきます。
それが、この状態です。

昨日は、一晩中圧力をかけていました。

でもまた出なくなるので、酒袋の位置を直さなくてはいけません。
それが「ふね直しです」


RIMG0345.jpg

まず、圧力をかけていた部分を上にあげます。これは自動^^;



RIMG0346.jpg
そして木片をおろし(結構重いんです~)出ました、ふた!
聞けば、1トン以上あるとか・・・・どうりで重いはず。
これを、持ち上げなくてはなくてはいけません。


RIMG0347.jpg
3人がかりで、よいしょ!私もやりました(笑)

そして、酒袋の位置を直し
また元どうりにして圧力をかけると、お酒がでます。



一回のお酒を搾るのに
3回は、ふね直しをします。
その度に気合を入れます、でないと怪我しそうなので。
この作業の時、必ず生命保険の話になるんですよ^^;


舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子
舞美人酒造り
とうとう、感動の初搾りです~!(^^)!

RIMG0215.jpg
仕込んでいたタンクの中のもろみを、木ぶねホースを通してまで移動させます。


DSC01724.jpg
そのもろみを、蔵元・杜氏が粕袋にいれます。


DSC01716.jpg
それを、木ぶねの中にきれいに並べていきます。


DSC01672.jpg
どんどん、


DSC01684.jpg
どんどん積み上げていきます。この簡単そうに見える作業が本当に難しいそうで、
「袋に入れるもろみの量や、積み上げ方は杜氏の技だ!」と蔵元が言ってました・・・蔵人1年目の私には手の出せない作業です。

そして遂に、新酒です!

RIMG0340.jpg
出てきた、出てきた


RIMG0341.jpg
でてきた~


嬉しい・・感激です(T_T)

純米のお酒なのですが、ほど良い辛さと旨味。
蔵元も味に納得。

よかったです!(^^)!



舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子
毎年恒例、今年で4回目を迎えます
内覧会の日程が決まりました!

3月21日 9時30分~15時30分 までです♪

詳細は、まだまだこれからですが
今年は、私の蔵案内←かなり心配です(笑)
木ぶね搾りの酒かす詰め放題(限定数)
そして福井のおいしい肴も、たくさん販売いたします!

当日木ぶねで搾るお酒は・・・うらら酵母仕込み 純米吟醸です!



DSC01687.jpg
このように、木ぶねで搾りながらその場で手詰めした新酒を販売いたします。

蔵人しか味わえないこのおいしさを
ぜひぜひ皆さんに楽しんでいただきたいです(^o^)/


舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子



舞美人の酒造り
初搾りに向けて、またまた木ぶねの準備をしました。

RIMG0338.jpg
笑ってますが、真剣に木ぶねの付属の部分を洗っています(笑)


RIMG0337.jpg
きれいに水を使って洗い、消毒します。

今まで、搾るためにこんなにたくさんの準備が必要だとは
知りませんでした。

木ぶねさえ、蔵の中に入れれば
すぐ搾れると思っていたのですが、間違いでした・・・

洗い物や、搾るためにいろいろなものを設置したり・・
本当は、今日が初搾りの予定でしたが無理でした(T_T)

RIMG0339.jpg
特にコレ!木ぶねのふたなのですが、めちゃめちゃ重い!!!!!
今までで、一番かも(>_<)

大人が3人でも、蔵の中に入れるのに大変でした。

搾ったお酒は、サイコーの木ぶね。
他の蔵元さんたちが使わなくなったのも、納得してしまう今日この頃。

が!

今年のお酒は、さぞかしおいしく感じるであろう
と楽しみです(^^)


舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子


無事、甑(こしき)倒しとなりましたぁ~(^o^)/

RIMG0147.jpg
釜の上に乗っている、わらで編んだ「こも」が巻いてあるのがこしきです。この中に酒米を入れて蒸すのですが、こしき倒しというのは、もう酒米を蒸さなくなるという意味で、昔はお祝いをしたそうです。

その後、保冷機や蒸す際に使った布などを洗いました。

RIMG0333.jpg
洗浄機を使って、保冷機を洗います。



RIMG0334.jpg
私もやって見ました。
勢いよくお湯が出るので、結構楽しかったです(^^♪
でも、遊んでいたわけではないですよ(笑)


RIMG0335.jpg
大女将が洗い物をしています。
やっぱり様になってますね~。私とは違いますね・・・反省。
見習わなくては!


舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子

なんとか、木ぶねを蔵の中に入れるのに成功しました~!
実家の母に、子供たちを預け
蔵元・私・大女将の3人でがんばりました!


RIMG0316.jpg
さぁ、いよいよ外に出してあった木ぶねを蔵の中に入れます。
どきどき、大丈夫かな~ 怪我せず無事にできますように(>_<)


RIMG0317.jpg
少しずつ動かします。ここはまだ簡単に動きます。




RIMG0318.jpg
向きを調整するために、てこをいれて動かします。順調 順調♪


RIMG0319.jpg
アップにすると、こんな感じです。




RIMG0321.jpg
さぁ、いよいよここからが緊張です。
木ぶねのサイズに蔵ができているので、すこしでもずれると大変です!!しかも、ここからは、軽く上り坂・・・・かなり重い!!



RIMG0322.jpg
途中、何度も調整しながらなんとかここまで入りましたー。後もう少し(^^)





RIMG0326.jpg
なんとか、無事にはいったよぉ(^o^)/

RIMG0325.jpg
搾ったお酒を、ためておくためのタンクを入れるため、穴がほってあります。
そこに落ちないようにするのが大変なのです(>_<)
しかも、このぎりぎり見てください!
蔵元と大女将が木ぶねを押しているので、私がこの穴に木ぶねが落ちてしまわないように支えてました・・・。
木ぶねも、私も落ちませんようにー怖かったです(T_T)


ほっとしたのもつかの間・・ここからが最後の正念場。
木ぶねを動かないように固定します。
RIMG0328.jpg
まず、木ぶねの底に木っ端を入れいったん持ち上げます。
そして、木ぶねの底全体に板をはさみます。(直接木ぶねに、汚れがつくのを防ぐためです。)

RIMG0330.jpg
仕上げに、木っ端を取り除きます。

RIMG0331.jpg
どっしりと座った木ぶねは、もう動きません。
できたぁぁぁぁ!よかったー!
みんな無事でした(^^)


木ぶねを動かしながら、写真を撮っていた私に
 
 蔵元・大女将:写真撮ってる場合じゃ無ーい!

 私:すぐすむからお願い~
ちょっと怒られました(^^)

というわけで、写真には写ってませんが私もがんばりました☆
その証拠に腰が痛いです・・・

明日は、出麹と酒米を蒸します!
月曜に甑(こしき)倒しです、もうすぐ新酒でーす(^o^)/


舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子

今日の舞美人の酒造り、
いよいよ来週から、初搾り!になります(^o^)/

そのための、準備や純米吟醸の本仕込みになるので
今日は、朝から和釜での米蒸しです。

そして、最後の麹造りに入ります。

週末ももちろん、仕事で
週明けには甑(こしき)倒しと、大忙しです。

でもいよいよ、新酒が出まーす。嬉しい~(^^)


では、今から蔵仕事。いってきまーす!



舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子
舞美人の今日の酒造り
うらら酵母使用のお酒の、麹造り2日目です。


今日は、そのお酒についての紹介を・・
RIMG0271.jpg
うらら酵母使用 純米吟醸 「舞美人」 720ml 2,100円(税込)です^^;


うらら酵母というのは、福井県オリジナルの酵母です。
「うらら」というのは、一般的な言葉の意味と
実は「自分達」という福井弁もかけてあるんです。

たとえば、
「今日、うらら(自分達)の町内でお祭りがあるんやざ(あるんだよ)。
いっぺん(一度)きねの(おいでよ)」という具合に使います^^;

今は、年配の方しか使いませんが(笑)

このうらら酵母を使っての特徴は
一言で言えば、繊細です。

特に舞美人の純米吟醸は、甘口で、優しい味がします。
女性的と言うのでしょうか・・・本当に繊細な味がします。
淡麗ではなく、旨味があり、やや酸味があります。

気になるのは、お酒に色がつきやすいということでしょうか。
他のお酒に比べて、黄色みが濃いです。


でも本当に搾りたてがおいしくて、最高です(^^)
これは、新酒で楽しむのが一番!と思ってました。

DSC01687.jpg
去年の搾りの様子です。
木ぶねの槽口(ふなくち)から、搾りたてのお酒が出てくるところです。これを杓ですくって飲むのが最高のおいしさ♪



ところが最近、日本酒のプロの男性の方に評判がよく
「これを、熟成させたらいいかもしれないね・・・」
と言われるんです。

まだまだ未知数の可能性があるお酒だわ、と思い
いろいろ商品を開発中です♪



舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子


今日の舞美人の酒造り、
最後の1本になるうらら酵母を使用するお酒の、
仕込み用麹の造りに入りました(^^)

RIMG0260.jpg
蒸し米を広げているところですが、まだまだ様になりませんね~^^;


ところで、酒造りの途中ではありますが、お雛様を出しました!
RIMG0259.jpg


私の実家が、2人の娘の為に贈ってくれた
7段飾り・・・・

とってもありがたいのですが、出すのが大変・・
この時期が近づくと、ちょっと気が重いのですが
子供たちがとても喜ぶので、気合で出します(笑)

一番、喜ぶのは2番目の男の子、なぜ・・・

でも、なんだか家が華やかになりました。
やっぱり、いいですね。

実家の両親に、感謝です。



舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子

週末の舞美人、純米大吟醸の仕込みに入りました!

土・日・祭日は、3人の子供のお世話があるので
私はなかなか、酒造りができないのですが
その時は、大女将が力を発揮してくれます(^^)

まだまだ若くて元気なので、本当に助かります。


土・日とで、何とか純米大吟醸が仕込めたので
今日は、蔵元が久々のお休みです~
お正月休み以来ですね(^^)

今日は、久しぶりに家族で出かけてみようかと思っています。
晴れるといいな~



舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子
今日の舞美人、木ぶねを洗ってあげました(^^)

RIMG0246.jpg
今日の福井は、曇り空。
でも、木ぶねは洗ってもらって気持ちよさそうでした~

木ぶねに水をはって洗っているのですが
写真で、水がジャージャー流れ出てきているところから、本番(笑)ではお酒が出ます。

ここを杓ですくって飲むと、もぉ最高のおいしさなんです(^^)
まさに、搾りたて!!
あぁ、楽しみ♪


RIMG0250.jpg
木ぶねに使う他の道具もきれいに洗う、蔵元・杜氏です(^^)


いよいよ、予定では20日ごろに初搾りです=☆

その前に、この木ぶねを蔵の中に入れるのですが
それが、超大変!命がけです!(大げさでなく本当に。半端なく重いんです!)

その様子は、またお知らせしますね。
うぅ~ん、がんばらなくっちゃ^^;


舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子







今日の舞美人の酒造り、純米大吟醸を仕込みました。

今日の福井、とってもいい天気。
蔵の煙だしの煙突から、気持ちよさそうに蒸し米の煙が出てました^^;
RIMG0241.jpg


使用酒米、山田錦の蒸しあがりもよかったので
まだまだ気は抜けませんが、ちょっぴりほっとしてます。

舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子



舞美人の酒造り、今日は明日からの大吟醸の本仕込みに向けての準備です。

いよいよです、緊張です(>_<)

酒米の最高峰山田錦を、40%まで磨き
蔵元・杜氏が渾身こめて造った麹を使い、いよいよ・・・


もうちょっと、気温が下がってくれればいいのですが、
こればかりはしょうがないですねぇ


あとは、蔵元の技しだい!!
それと私のサポート、なんて一番頼りないのですが(笑)


今週も土日返上!!
子供たちごめんね、そのかわりおいしいお酒造るからね~♪


舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子
今日の舞美人の酒造り、出麹です。

この写真は、お酒の基本となる酛(もと)です。タンクの中に入ってます。
RIMG0239.jpg
とても元気で、よく発酵してます。
元気がないと、蔵元と2人でとても心配します。
失敗したのか・・・・なんて。

この酛の香りが、バナナの匂いがするんですよ。
とってもいい匂いなんです(^^)

爽やかで、繊細で・・・
まだ、お酒っぽくはないですね。


麹は麹菌と酒米で栗の匂いだし
酛は酒米と水と酵母でバナナだし・・・
お酒って、本当に不思議で奥深いです(^^)


舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子

今日の舞美人の酒造り、大吟醸の麹造りと仕込んだお酒の櫂入れです。

ちょっと余談ですが
蔵の中に会社場という部屋があって、そこで休憩したり、寝泊りしたりします。

1月から麹造りをしているので、蔵元はそこに寝泊りしているのですが、
なぜか、ドラえもんの枕まで・・・

RIMG0235.jpg
そう、将来の杜氏(?)になるかもしれない息子も一緒にここに寝泊りしているのです(^^)

仕事を手伝っているわけではないのですが(まだ5歳です)
パパと一緒に寝たいという単純な理由です。

でもこうやって親の仕事を理屈でなく、肌で感じているのかなぁと思います。
朝、蔵に行って2枚並んだお布団を見ると、自然に笑みがこぼれます(^^)


舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子


今日の舞美人の酒造り、麹造りです。
いよいよ大吟醸の酒造りに入ります、緊張~(>_<)

ちょっとした報告が・・・
三年程前に立ち上げてから、ずーと更新していなかった自社サイト。
自分で更新できたんです!

でも、更新したのはたった一行。
このブログへのリンクを貼っただけ。
http://www.maibijin.com

なんでこんなことでと大笑いだと思うのですが
私にとっては、大いなる一歩なのです(笑)

どちらかといえばパソコンが苦手で
このサイトも外注で作ってもらいました。
でも、その後自分では更新できないと最近まで思っていて
ずうっーと悩んでいました。

間に出産をはさんではいたものの
また外注にだす予算もないし、自分ではできないし
知り合いはどんどん素敵なサイトを立ち上げていくし・・・
どうしたらよいのかの結論もだせず、ずるずると・・・

でもこの一行、自分でできたことが
すごく嬉しくて、感激で(^^)

なんか、先に進める糸口が見えたような気がして
本当に嬉しいんです!


とっても大げさな話でした(笑)


舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子
今日は訂正をさせてください・・・

昨日保冷機と書いた機械ですが、
本当は放冷機の間違いでした。

蔵元に、違うよと言われました。
すいません・・まだまだ新米です(T_T)


今日も、出麹に和釜での蒸しがあります。
今週も土・日は仕込みです!!



舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子
久しぶりの積雪です。
なんだかちょっぴり嬉しいです^^;
RIMG0227.jpg



舞美人の今日の酒造りは、仕込み用の酒米を蒸しました。
今日は、蒸すお米の量も多いというわけで
舞美人としては、めったに無い大掛かりな機械の登場です♪
RIMG0226.jpg
和釜の奥に見えるのがそうです。

保冷機といって、蒸した酒米を冷ましてほぐしてくれる機械です。
いつもは手で運ぶのですが
酒米の量が多いと、仕込みタンクまでの距離が長いのでこれを使います。
RIMG0228.jpg
保冷機の中を、蒸し米が通ってきます。



RIMG0229.jpg
その蒸し米をほぐしてやるのが、私の仕事です(^^)





RIMG0230.jpg
その蒸し米を、大蛇と呼ばれる管を通ってタンクに運ばれます。


RIMG0231.jpg
そして、タンクの中へ。


保冷機を使うと、大掛かりだしものすごい機械音がするので苦手なのですが、とても楽です。
これがなかったら、3人で運ばなくてはならないので。
私達にとっては、なくてはならない大切な機械です(^^)


今からは、麹の切り替えしです。
休むまもなく、さすがの蔵元・杜氏の疲れもピークのようです。
ちなみに私もです(^^)

おいしい舞美人のお酒のため、がんばろ~!と励ましあってます(^^)



舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子
とうとう雪が降りました!
RIMG0225.jpg



舞美人の酒造り、今日は麹造りです。
ひさしぶりの雪で、ちょっと嬉しいのですが
蔵の中が寒い!!
ほっかいろ持って仕事しました^^;


蔵元・杜氏の腰もほら!なんとか良くなりましたよ♪
RIMG0220.jpg
元気にがんばってます。

今から、麹ふりです。
がんばってきまーす(^o^)/


舞美人醸造元 美川酒造場
女将 美川 久美子
// ホーム //